松本人志のベンチプレスが凄い件について。

12月14日放送の炎の体育会TVを拝見致しました。

あなたは見ましたか!?

芸人の松本人志さんがベンチプレスで自体重よりも30kgも重い95kgを26回挙げていましたね。

56歳の松本人志さんがですよ。

これ、かなり凄い事なのですがあなたはベンチプレスをやった事がありますか?

もしあなたがベンチプレス経験者ならその凄さについて分かって頂けると思います。

でも、ベンチプレスを一回もやった事が無いのであればちょっと分からないかもしれませんね。

そうした方の為にどのぐらい凄いのかというのを手短に説明しますね。

日本人男性のベンチプレス平均値って40kg程度なのですが今回松本人志さんが企画で挙げたベンチプレスの重量は95kgです。

この時点で日本人平均男性の約2,4倍もの重量を挙げているので凄いのが分かります。

それを連続で26回です。しかも56歳でです。

もう一回強調して言いますね。

56歳の松本人志さんは日本人男性が持てる重量の約2,4倍の重さを26回繰り返して挙げられる。

はい、これはかなり凄い事なんですよ。

もう、わざわざ言わなくても分かってもらえるかと思いますが・・・

 

体力って40歳を境にガーンと落ちていきますよね。

50歳にもなるともう誰もが20、30代の頃と比べて衰えをしっかりと実感できるレベルです。

特に瞬発力やパワーって運動能力の中でも衰えが激しいんです。

それにも関わらず95kgを26回って・・・

恐るべきパワーだと思いますね。

思わず今田耕司さんが「怪物」と言ったのも頷けますよ。

 

さて、ベンチプレスと言えば松本人志さん以外にも芸能界で強い人が何人か、いや、何十人か居ますよね。

特に凄い強いなーと感じたのが筋肉体操で有名な武田真治さんです。

2018年に行われた自体重の8割の重さを何回挙上できるのかという企画で109回の圧倒的トップで優勝した事はトレーニーの間ではあまりにも有名な実話です。

しっかりと鍛えているトレーニーでさえ自体重の8割の重さのバーベルを繰り返しで30回できれば強い方です。

当時体重60kg前後だった武田真治さんですがその8割の重さなので48kgのバーベルになりますね。

これはまぁ相当凄いですよ。

日本全国津々浦々探しても自体重8割重さバーベルを100回以上挙げる人って居無さそう。たとえ居たとしても5人も居ないと断言できるレベルでして、100回越えは本当にエグいです。

ここでは松本人志さんのベンチプレスについて語っていますが思わず武田真治さんのベンチプレス話も出したくなるのは人間のサガです。

松本人志の身長や体格から体重を予測。ベンチプレス130kg越え50代。

調べてみると松本人志さんのベンチプレスのマックス重量は135kgという噂がありますね。

これを見聞きした瞬間、私は驚愕しましたよ。

50代でベンチプレス130キロってかなりエゲツないですよ。

私も一応、ベンチプレスが好きなのでその凄さが分かるんです。はい。

135kgが持てる人って相当期間のトレーニング経験が無いと到達不可能な領域なのでね。

あと20歳若かったらベンチ150kgは余裕で挙げてたんじゃないかな、と。

体重65kgだと、自体重の2倍以上ですからもうパワーリフターレベルと言っても過言ではありません。

 

ベンチプレスでは体重の1,5倍が挙上できるとベンチプレス上級者、体重の2倍が挙上できるとベンチプレスのエリートレベルと言われていますが松本人志さんはまさにベンチプレスのエリートだったんですね。

 

ベンチプレスが好きな者としては松本人志さんにも武田真治さんと同じように自体重の8割の重さのバーベルを何回挙上できるのか番組の企画で是非やって頂きたいところです。

今回26回という記録は連続で26回では無く、休み休みで26回という記録でしたが95kgのバーベルは自体重を超えていると思われますので8割でやったらもっといけると思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す