フルスクワット150kgって強いの?すごいの?レベルを評価します。

ハーフスクワットでも無く、パラレルスクワットでも無い。フルスクワットで150kgという重量を扱っています。これって凄いの?って疑問をお持ちの方へ

日本人の平均体重67キロ付近の方が挙げた場合、強いです。

フルスクワット150kgの評価

ベンチプレスで例えると120kgぐらいのレベルと言って良いでしょう。

よって、普通に強いと思います。

でも、あくまでも普通に強い程度です。そんなに有名では無いジムではおそらく3位以内に入るレベル感ではないでしょうか。

ドヤ顔してトレーニングしてもまあ許されるのでは。ただし、あくまでもフルスクワットでの話しですからハーフスクワットやパラレルスクワットでドヤってしまうと少しだけ痛いです。いや、まあ重さ的には申し分ない重量なのでドヤ顔してトレーニングしたい気持ちも分からなくもありませんが自己責任でお願いします。

スクワット150kgは凄いのか?

すごいのかすごくないのかどちらかと問われるとまあまあ凄いのニュアンスを含んだ普通ですと答えたいですね。

間違っても軽い重量では無いので挙上できればそれなりではありますが。

到達までには週3の筋トレを2年以上継続できて到達できるレベルなので弱いはずはありませんがまだ凄いというレベルでは無いでしょうね。何故なら世界を見渡せば200キロはおろか300キロ、400キロを挙げるツワモノなんてザラだからです。そうしたツワモノたちに比べると凄いとは言えないよねというのが正直なところなんですね。だからこそまあ凄いけどまだ普通ですよと答えたい訳です。

とは言っても筋トレを始めたばかりの初心者やトレーニング歴半年以上3年未満の中級者からして見れば明らかに凄いと映る重量であることは声を大にして言えます。

ここではトレーニーで一番多いだろう65~75kg程度の体重の人が150kgを挙げた例を話していますが体重が75kg以上ある人でもまあそれなりに強いと思ってもらえるでしょうね。

体重が100kgぐらいあったとしても半年ぐらいは真剣にトレーニングを積まないと到達できませんからね。

50~60kgぐらいの体重の人が挙げた場合それはもう競技者か?と言って良いほどのレベルです。

※パワリフ女子57kg級の日本記録が150kgです。

結論

まあ、なんだかんだ言ってフルスクワットの凄さレベルについて個人的に一番しっくりと来る表現をするのであれば「フルスクワット150kgの価値はベンチプレス120kgの価値とほぼ互角です。」という表現がベストであると感じます。

このトレーニー用語を一般の方に分かりやすく翻訳するのであれば「凄いと言えば凄いと言えるし、凄くないと言えば凄くない。まあ、トレーニーの中では普通程度のレベル。体重次第でしょう。」と、言えます。

トレーニーの方、いかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す