フルスクワットで200kgって凄い?強い?レベルを評価します。

ハーフスクワットでもパラレルスクワットでも無いフルスクワットで200kgを担ぎます!これって強いのレベル感はどうなのか?

その答えですが問答無用で強いです。

日本人の平均体重67キロ程度の方であればバケモノ認定されるし、体重80kgぐらいのマッチョな方でもパワーリフター(競技者)ぐらいのレベルですし、体重100kgの巨漢の方でもスクワット上級者レベルです。

パワリフ59kg級日本記録が蛯原選手の197、5kg

なので、どの体重帯の方が200キロでも強いことは間違いないんですよね。

因みに、フルスクワットよりもしゃがみの浅いハーフスクワットやパラレルスクワットで200kgを担いでいても凄いですよ。ドヤ顔してトレーニングしても誰も文句は言いません。

フルスクワット200キロのレベルを評価

レベル感としてはベンチプレスの150kg程度に相当するのではないかと考えます。

このレベルは日本人として才能が無いと厳しめの重量である事を表しています。

そして何より、達成までには長いトレーニング期間を要する事は間違いありません。

どのぐらいの期間で達成可能なのかと言うと、体重100kgの巨漢の方でも2年以上継続したトレーニングを積まないと厳しいですね。

80kgの方だと3年以上、70kg程度の方だと4年以上は継続したトレが必要です。

フルスクワット200kgをジムでやると確実に引かれる!?

一般的なフィットネスクラブで200キロを担いでいるとほぼ確実に引かれるでしょうね。

特におじさんおばさんの多いスポーツジムでやっていたら滅茶苦茶浮いてしまうので逆に恥ずかしい思いをするでしょう。

真剣に筋トレを行っているトレーニーの多いジムでもフルスクワット200kgはかなり強い方でして、まあそこら辺のジムではまずお目にかかれる事は少ないでしょう。

でも、世界を見渡せば300キロ、400キロを挙げるツワモノも存在する訳で・・・こうした超人たちを目指すわけでもなければもう十分なのではないでしょうか。あなたはここまで良く頑張ってきましたよ、苦労もあったでしょうよ、などと労をねぎらいたくなります。

小規模なスクワット大会があれば優勝できるぐらいの強さで、才能の無い一般トレーニーが趣味として極められる限界の領域ではないかと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す