SNSとの連携を開始。2019/11/2

800m走の世界記録は何秒?男子、女子ともに公開!

800m走の世界記録は何秒?男子と女子

800m走は陸上中距離走に部類される距離です。

短距離走とはいかないまでもそれに準ずる速いペースをゴールまで維持し続けなければならないので陸上競技トラック種目の中では最も過酷だと言われています。その過酷さを表現してなのか「陸上の格闘技」、「トラックの格闘技」などとも呼ばれています。

今回はそんな最も過酷なトラック競技である800m走の世界記録を男子、女子別に紹介していきます。

800m走の世界記録保持者【男女別】

※スマホの方はスワイプしてご閲覧下さい。

性別 名前 国籍 場所 日時 記録
男性 デイヴィッド・レクタ・ルディシャ ケニア ロンドン 2012年8月9日 1分40秒91
女性 ヤルミラ・クラトフビロバ チェコスロバキア ミュンヘン 1983年7月26日 1分53秒28

男子800m走の世界記録へのコメント

男子はケニアのデイヴィッドレクタルディシャ選手がロンドンオリンピックの時に樹立した記録がトップとなっております。ケニアは長距離走の強い国ですが中距離走である800m走でもその強さは健在。やはり、持久力の要素の少しでもあるトラック種目には東アフリカが必ずランクインしてくるものです。

800m1分40秒91は100mあたりのペースに換算すると平均12,61秒です。

これはちょっと足の速い男子高校生レベルに相当します。考えただけで反吐が出そうな過酷さです。

女子800m走の世界記録へのコメント

女子ではヤルミラクラトフビロバ選手の大記録ですが、かれこれ36年以上経った今でも破られておりません。800m走はヨーロッパで人気の高い競技種目ですが彼女の国籍であるチェコスロバキアもヨーロッパにあり、800m走大国の輝かしい記録です。

800m53秒28は100mあたりのペースに換算すると平均14,16秒です。これは男子高校生の100m走平均タイム程度です。一番体力のある世代と言われる高校生でさえ100m全力疾走をするとバテてしまうというのに・・・バケモノとしか思えません。

まとめ

800m走は実際に経験のある人にしかその辛さが分かりません。

やってみればその過酷さに驚くことでしょう。そして、自分のタイムと彼らのタイムを比較して、軽く2倍以上もの差がある事で初めて彼らの偉大さが分かるのです。

女子の記録は36年以上経った今でも残り続けており、これは現存する陸上競技の世界記録の中でも最長です。

今後誰がこの陸上界最長記録を更新してくれるのか目が離せませんね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です