ハーフマラソンの日本記録を男子、女子ともに紹介

ハーフマラソン(21,0975km)の日本記録を男女別に紹介します。

フルマラソンの2分の1の距離ですが日本では市民ランナーの大会参加者が多く、注目度の高い競技種目です。

市民ランナーの間では2時間が壁として存在しており、2時間を切るとステータスとなっています。

ハーフマラソンの日本記録保持者【男女別】

※スマホの方はスワイプしてご閲覧下さい。

性別 名前 所属 場所 日時 記録
男性 設楽悠太 Honda ウスティナドラベム 2017年9月16日 1時間0分17秒
女性 福士加代子 ワコール 丸亀 2006年2月5日 1時間7分26秒

男子ハーフマラソン・日本記録へのコメント

男子の日本トップは設楽悠太選手の1時間00分17秒です。

結構最近更新された記録のようですね。

世界記録は58分1秒なので日本記録と比較すると2分7秒の差があります。

女子ハーフマラソン・日本記録へのコメント

女子の日本トップは福士加代子さんの1時間7分26秒です。この記録はアジア記録でもあります。

かれこれ13年以上も前に樹立された記録です。

福士加代子さんは3000m走、5000m走、15km競走、20km競走でも日本記録保持者です。

世界記録は1時間4分51秒なので日本記録と比較すると2分35秒の差があります。

まとめ

今回はハーフマラソンの日本記録保持者を男女別に紹介してきました。

市民ランナーでは2時間切りがやっとですが男子選手は1時間切りするかしないかぐらいの超ハイレベルな感じだというのが分かります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す