ロードリレー(駅伝競走)の日本記録を男子、女子ともに紹介

ロードリレーは陸上競技の道路競走のリレーでして駅伝競走とも呼ばれます。

長距離を数人で走り切ります。

ここでは国際陸上競技連盟の定める距離である42,195kmの駅伝の日本記録を紹介します。

距離:42,195km

6区間の距離:5km→10km→5km→10km→5km→7,195km

ロードリレーの日本記録保持者【男女別】

※スマホの方はスワイプしてご閲覧下さい。

性別 名前 所属 場所 日時 記録
男性 松宮隆行、佐藤悠基、佐藤敦之、家谷和男、細川道隆、大坪隆誠 日本 千葉 2005年11月23日 1時間58分58秒
女性 渋井陽子、藤川亜希、里村桂、大南敬美、下司則子、大南博美 日本 北京 1998年2月28日 2時間16分13秒

男子ロードリレー(駅伝)・日本記録へのコメント

駅伝の日本記録は1時間58分58秒です。

6人で力を合わせての2時間切り。

2005年の樹立なので結構前に更新された記録ですね。

世界記録はケニア代表の1時間57分06秒なので日本記録と比較すると1分52秒の差があります。

女子ロードリレー(駅伝)・日本記録へのコメント

女子の駅伝日本記録は2時間16分13秒です。

だいぶ前に樹立された記録ですね。かれこれ20年以上も経過しています。

世界記録は2時間11分41秒なので日本記録と比較すると4分32秒の差があります。

まとめ

今回はロードリレー(駅伝競走)の日本記録保持者を男女別に紹介してきました。

国際陸上連盟の定める駅伝はマラソンと同じ距離なのでマラソンの記録と比較してみても面白いかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す