ベンチプレス40kgは男性の平均値らしいが実際はどうなのか?評価したりします。

男性のベンチプレス平均値は40キロだと言われています。

実際のところこの平均値を割り出したのは日本では無くアメリカです。

なのでアメリカ人男性の平均値が40kgなんですね。

日本人男性はアメリカ人男性よりも体格的にやや劣るのは言わなくても分かりますよね。

上記の平均値はアメリカ人男性のものなので日本人男性で平均値を出せばもう少しだけ下がる可能性が高いです。

この、40キロという数値はベンチプレスをやった事が無い人たちの数値なのでベンチプレスで定期的に身体を鍛えている人やパワーリフターの方からすれば物足りない数値に映るかもしれません。

スポーツ未経験者の友人の初ベンチの話し

実際私の知り合い(トレーニング仲間)でトレーニングする前から体格が良かったA君がいます。

A君に初めてベンチプレスのマックスを測ったとき、何キロだったのかを聞いたところ、35kgぐらいだったと言っていました。

体重は75キロ程度

A君はトレーニングしていなかったにも関わらず一般の男性よりも大胸筋がやや発達している体格の良い人でしたが小学校中学校高校大学と、スポーツ経験はゼロで運動神経はお世辞にも良いとは言えない感じです。

さすがにA君だけの例でベンチプレス40kgの評価を弾き出すのもどうかと思いますがおそらく殆どの方がこんなもんなのではないでしょうか。

勿論、中には最初から50、60以上挙げられる人も居ますけど少数派です。

ベンチプレス40kg挙上できる人たちと体重について

ベンチプレスは体重があれば有利だと言われています。これは絶対的な真実です。

日本人男性の平均体重は67キロです。

ベンチプレス挙上MAX値が40キロだとすれば体重の78,3%を挙げているという事になります。

約8割ですが確かにこれはベンチプレスを全くやった事が無い入門者あるいは初心者の方の目安だとも言われていますね。

世間では(ネットでは)以下のように語られていますよね。

  • 入門者、初心者:自体重の約8割
  • 中級者:自体重の約1,3倍
  • 上級者:自体重の約1,5倍
  • エリート:自体重の約2倍

これもあくまでアメリカ人男性基準のようですが・・・

アメリカ人男性よりも体格的に劣る日本人男性が果たしてこれに当てはまるのかは疑問です。

そもそもアメリカ人男性の平均体重は90キロなので日本人男性と比較してみると23キロも差があります。

体重90キロのアメリカン人男性がベンチプレス40キロを挙上したとすると、自体重の44%ですね。

さすがにこれは余裕でしょという声が聞こえてきそうですが世間一般に語られている(はびこっている)ベンチプレスの平均値はあくまでもアメリカ人を基準としたものなので日本人には不適格かもしれないという事が言いたいのです。

 

もともとスポーツ経験がある上に、体格も発達している人たちから見ればベンチプレス未経験者の日本人でも40kgを挙上するのはそう難しくはないでしょう。

ラグビー部、相撲部、野球部などフィジカルの強そうな人たちが集まっている集団に初ベンチをさせてみればその中には50はおろか60キロを挙上する人や70キロを挙げてしまう人だっているかもしれません。

しかしここで語っているのはそうしたスポーツマンの方々ではありません。

  • A君のように全くスポーツ経験の無い人
  • 中学、高校まで並みにスポーツの経験がある人

平均的なパワーの日本人男性が対象です。

もっとも、体育の授業である程度の運動はしますのでそれをスポーツ経験だと主張されるとちょっと話がここで止まってしまうのですが学校の授業での運動はスポーツ経験には含みません。

そういった普通の経歴で平均的なパワーの人たちが40キロを挙げる事についてです。

間違ったフォームでは論外ですが正しいフォームで(ラックからバーを外し、バーを乳首にしっかりと下げてラックに戻すまで)挙上する事ができる平均的な日本人男性はまあ多くも無く少なくも無くと言ったところではないでしょうか。

35kgぐらいが適正のような気もしますが体重も50~100キロまでバラツキがありますので何とも評価しがたい。

40キロという絶対的な指標では無く、自体重の何%挙上できるかと言った相対的指標の方がこの段階では正当な評価の指標になるでしょう。

初ベンチで自体重の6割程度の重さが持てればとりあえずは合格と言った基準の方が一般的だと思うし、日本人に適性する基準です。

自体重の60%の重さであれば

  • 体重50キロの人:30キロ
  • 体重60キロの人:36キロ
  • 体重70キロの人:42キロ
  • 体重80キロの人:48キロ
  • 体重90キロの人:54キロ
  • 体重100キロの人:60キロ

どうでしょうか?スポーツ経験無、一般的な日本人男性の初ベンチ挙上評価基準が自体重の約6割程度という新基準。

あなたもしくはあなたの周りでもこの基準の方が世間一般に語られているベンチプレス挙上マックス平均基準表よりも正しいのではないでしょうか?

※スポーツ経験者の方であれば約7~8割程度で合っていると思いますが。

 

ちょっと言い忘れていたので一言付け加えますと・・・

ここで語っているのはフリーウェイトのベンチプレスの事ですのでスミスマシンのベンチプレスはダメですよ。

スミスの場合はフリーウェイトよりも重い重量が挙がるケースが多いので。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す