スポーツ遺伝子検査でXX型だと知ってガッカリと絶望されているパワー、瞬発系競技者の方へ

XX型はRR型及びRX型とは違い、激しい筋肉運動に耐えるアクチニン3たんぱく質が作られず、ピッチの速い足の動きがしづらく、陸上短距離走には不向きな筋線維タイプです。

そんなもんだからスポーツ遺伝子テストで自分がXX型だという結果が出てガッカリされる方が居られます。

その気持ち分かります。何を隠そう、私もそうでしたから。

でもそんなに落ち込まないで下さい。

XX型つまり持久系タイプだからと言って劣っている訳では無いのですから。

もっとも、陸上短距離をやっているorやろうと思っていた。

あるいはウェイトリフティングなどのパワー系スポーツを目指していた方にとって私がそんな慰めの言葉を発してもあまり効果が無いのかもしれませんが一応、落胆する必要は無いんだよと伝えたいので書いておきます。

スポーツ遺伝子がXX型だった貴方へ

瞬発系、パワー系のスポーツを目指していた方にとってXX型という結果が出るという事は結構なショックだと思います。

かく言う私も陸上短距離走をやっていて上を目指していた時期に筋線維タイプが持久力型だと分かったので「自分には瞬発力」という才能が無いんだな、と思うと3、4日気分はブルーでした。

XX型は瞬発力に欠ける遺伝子タイプです。でもだからと言って今やっている競技を辞めないで下さい。

貴方がもしオリンピックレベルのアスリートを目指すと言うのであれば話は別ですが、趣味程度ならXX型の人でも全く問題ありません。

何故なら100mスプリンターを対象とした調査ではXX型でも10秒42までは出しているからです。RR型とRX型は10秒0台を出していますがその差は0,4秒程度であって、何もオリンピックを目指すわけでは無いのなら全く問題ありませんよね。

潜在能力と言う意味では確かに瞬発力では他の2タイプに敵わないかもしれませんが努力次第ではXXタイプでも10秒台
は全然可能なのです。

普通に考えて趣味レベルで100m10秒台は凄い事ですからね。

また、短距離走以外にもウェイトリフティングやベンチプレスなど一瞬のパワーを要する競技をやっている方も同じことが言えます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す