3000m走の日本記録を男子、女子ともに紹介

陸上競技トラック種目の3000m走の日本記録保持者を男女別に紹介していきます。

3000m走は中距離走の中でも一番長い距離の種目です。ペース配分がより重要視されますが終盤のスピード力も必要です。

3000m走の日本記録保持者【男女別】

※スマホの方はスワイプしてご閲覧下さい。

性別 名前 所属 場所 日時 記録
男性 大迫傑 日清食品グループ リエーティ 2014年9月8日 7分40秒09
女性 福士加代子 ワコール パリ 2002年7月5日 8分44秒40

男子3000m走・日本記録へのコメント

日本トップは大迫傑選手の7分40秒09です。大迫傑選手は5000m走でも日本人トップです。

世界記録はダニエルコーメンさんの7分20秒67なので19,42秒の差があります。

女子3000m走・日本記録へのコメント

日本女子トップは福士加代子さんの8分44秒40です。福士加代子さんは5000m走でも日本人トップです。

世界記録は王軍霞さんの8分6秒11なので38,29秒の差があります。

まとめ

3000m走の日本記録保持者を男女別に紹介してきましたがいかがでしたか。

3000m走の日本記録保持者は5000m走でも日本記録保持者でした。

5000m走は中距離走では無く、長距離走に分類されますが距離的にはそこまで大差が無く、同じような能力が重視されるので納得です。

福士加代子さんの記録は樹立から17年以上も経過しており、結構長い間残り続けています。

今後誰がこの記録を塗り替えてくれるのか楽しみでなりませんね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す