日本で初開催!X Games Chibaの大会情報や結果まとめ

日本で初開催!X Games Chibaの大会情報や結果まとめ

2021年夏に開催された東京五輪で注目を集めた競技といえば「スケートボード」ではないでしょうか。その熱をそのままに、2022年4月22日~24日の3日間、ZOZOマリンスタジアムで『X Games Chiba 2022』が開催されました。Xgamesでは、夏はスケボー、冬はスノーボードなどの競技が行われ、今大会も非常に盛り上がったようです。そこで今回は、そんなX Games Chiba 2022についてまとめていきます。

X Gamesとは

そもそも、X Gamesとはどういった大会なのでしょうか。X Games Japanのホームページによれば、1995年に米国で開始、これまでに世界12カ国で累計600万人以上を熱狂させてきた世界最大のアクションスポーツの国際競技会のようです。夏季はスケートボード、BMX、Moto X。冬季はスキーとスノーボードのトップアスリートたちが活躍し、25年以上もアクションスポーツのシーンで絶大なる影響を与え続けてきました。

日本ではまだまだマイナーなスポーツでもあるスケートボードなので、正直ルールなどはよくわからないところもありますが、技の派手さなどで見る人を熱狂させますし、非常に魅力的な大会のようですね。

X Games Chiba 2022 について

2022年4月22日(金) ~2022年4月24日(日) の日程で開催された『X Games Chiba 2022』。会場は千葉県のZOZOマリンスタジアムで、3日間で3競技10種目が行われました。競技種目と出場した注目の日本人選手は、次の通りです。

  • 男子スケートボードパーク
  • 女子スケートボードパーク(四十住さくら)
  • 男子スケートボードストリート(堀米雄斗
  • 女子スケートボードストリート(西村 碧莉)
  • 男子スケートボード バート(芝田 モト)
  • 男子スケートボード バート ベストトリック
  • BMX パーク(中村輪夢)
  • BMX ストリート
  • BMX フラットランド(内野洋平)
  • モトエックス ベストウィップ(東野 貴之)

X Games Chiba 2022の日本人選手の結果

日本初開催の今大会では、日本人選手が躍動、金メダル3個、銀メダル4個、銅メダル3個の計10個のメダルを獲得しました。

BMXフラットランド

金:早川起生(きお)選手

銅:佐々木元(もと)選手

スケートボード バート

銀:芝田モト選手

スケートボード女子パーク

金:四十住さくら選手

銀:開 心那選手

銅:手塚まみ選手

スケートボード女子ストリート

銀:中山楓奈選手

スケートボード男子ストリート

金:堀米雄斗選手

銀:池田大暉選手

銅:白井空良選手

金メダルを獲得した選手たち

ご覧の通り、今大会では多くの選手がメダルを獲得しています。その中でも、見事優勝に輝いた選手を詳しくご紹介しましょう。

四十住さくら選手(女子スケートボードパーク)

東京五輪の金メダリストである四十住(よそずみ)さくら選手が、X Gamesでも実力を発揮し、見事優勝を果たしました。空中で1回転する大技540を含むルーティンを決め切っての優勝、しかも決勝が行われた23日はお母様の誕生日だったそうで、最高のお母さん孝行になったのではないでしょうか。

また、同種目の銀メダルは五輪銀メダリストの開心那(ひらきここな)選手、銅メダルは手塚まみ選手と、日本人選手が表彰台を独占する快挙を達成しています。

堀米雄斗(男子スケートボードストリート)

東京五輪の金メダリストとして今大会に挑んだ、堀米雄斗選手。X Games Chiba 2022の最終種目でも圧巻のルーティンを見せつけ、優勝を掴みました。五輪は無観客開催だったこともあり、ライブで観戦する機会がありませんでしたが、今大会を通して競技の楽しさ、魅力を存分に伝えてくれましたね。

こちらの種目でも、銀メダルを15歳の池田大暉選手、銅メダルを白井空良(そら)選手が獲得し、表彰台を独占しました。

早川起生(BMX フラットランド)

X Gamesの種目として19年ぶりに実施された「BMX フラットランド」。この種目で、東京五輪の閉会式にパフォーマーとして出演した早川起生(きお)選手が優勝しました。今大会には補欠でのエントリーとなっており、出場が決定したのが3日前という強行日程でしたが、素晴らしいパフォーマンスを見せてくれました。

フットランドは、平らなステージでBMXを操ってトリックを繰り出し、難易度や独創性、芸術性を競うことから「BMXのフィギュアスケート」とも言われています。現在は五輪種目にはなっていませんが、今後種目として採用される可能性の高い一つと言えます。

最後に

東京五輪から大きな盛り上がりを見せている「アクションスポーツ」。一昔はスケートボードをしている人に対して、好印象はなかなか持たれていませんでしたが、スタイリッシュで格好良い種目として認知されてきていますね。五輪で芽生えた人気が一過性のものではなく文化として定着することを大いに期待したいところです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す