【男子3000m障害】三浦龍司のプロフ!学歴や卒業後の進路は?彼女はいる?

3000メートル障害で、大学時代にオリンピックや世界陸上に出場し、日本人初入賞を果たした三浦龍司さん。そんな三浦龍司の進路は、2024年にSUBARUへの入社が決定。更にはパリオリンピックへの参加資格も既に獲得している日本陸上界注目のアスリートです。そこで今回は【男子3000m障害】三浦龍司のプロフ!学歴や卒業後の進路は?彼女はいる?について紹介します。

プロフィール

  • 氏名:三浦龍司(みうらりゅうじ)
  • 生年月日:島根県浜田市
  • 出身地:2002年2月11日
  • 出身大学:順天堂大学
  • 所属:SUBARU
  • 自己ベスト:8分9秒91(3000メートル障害)

略歴

小学校時代に親の勧めもあり、陸上競技をスタート。中学では全国大会やジュニアオリンピックなどに出場する活躍をみせました。高校で、3000メートル障害に初挑戦。三浦龍司さんはこの競技に適性があり、日本高校記録を更新するなど大躍進を見せます。大学時代にはオリンピックや世界陸上にも出場し、日本人初入賞。2024年からはSUBARUへの入社が決まっており、さらなる活躍に期待されています。

学歴

島根県出身の三浦龍司さん。島根県にある国府小学校に入学し、中学校は浜田東中に通いました。高校は京都にある洛南高校に進学。高校で3000メートル障害と出会い、高校3年生時には、30年ぶりとなる高校記録更新を達成しました。大学は順天堂大学へと進学。2020年には当時の歴代2位のタイムを記録し、翌年には8分17秒46で走りきり、見事に日本記録を更新しました。そして、この記録により東京オリンピックの参加標準記録を突破。初めてのオリンピック出場権を獲得しました。

三浦龍司の進路は?

順天堂大学卒業後の三浦龍司の進路について、どこに行くのか注目されていました。そんな中、三浦龍司さんがSUBARUに入社されたことが発表。SUBARUの陸上部は、全日本実業団対抗駅伝競走大会の出場や地域貢献を目的に1998年に活動を始めた歴史ある組織です。2022年の全日本実業団対抗駅伝競走大会では2位を勝ち取り、過去最高の順位を記録しました。SUBARUへと入社する三浦龍司さんですが、さらなる高みを目指すことを抱負としてコメントされています。社会人となっても挑戦する姿に今後の活躍も期待出来そうですね。

同期

2024年から三浦龍司さんと同僚となるメンバーには、箱根駅伝で区間賞を取った城西大学の山本唯翔さん。東京農業大学の並木寧音さんなどがおり、三浦龍司さんを含めて社会人となった彼らのますますの活躍が楽しみですね。

彼女はいるの?

三浦龍司さんに彼女が居るのかについて調査しました。結果としては本人が公表していないので分かりませんでした。しかし、レースでもオリンピック出場や日本記録を残し、イケメンで人間性も素晴らしいという噂があります。その為、学生時代からかなりモテたのではないでしょうか。2024年春からSUBARUへと入社した三浦龍司さん。現在、彼女がいるかについてはわかりませんでしたが、社会人となり、陸上競技だけでなく恋の方でも嬉しい報告が聞けるといいですよね。

パリオリンピック2024出場内定

2024年8月1日からパリで開催されるオリンピック。三浦龍司さんは、3000メートル障害の競技で既に参加資格を有しています。東京オリンピックから連続での出場となりました。その為、東京オリンピック以上の活躍をパリオリンピックで期待されるアスリートの一人となっています。

三浦龍司さんへのSNSコメント

三浦龍司さんのパリオリンピックに対しての応援コメントを紹介します。

まとめ

今回は【男子3000m障害】三浦龍司のプロフ!学歴や卒業後の進路は?彼女はいる?について紹介しました。三浦龍司さんの学歴は小中と島根県にある学校に通学し、高校は京都の洛南高校に進学。大学は順天堂大学へと進学しました。卒業後2024年からはSUBARUへ入社し、陸上競技に取り組んでいます。彼女についても調査したのですが、本人が公表していないためわかりませんでした。2024年パリオリンピックへの出場が既に決定している三浦龍司さんの活躍が気になった方は是非チェックしてみて下さい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう